脳神経外科・整形外科・神経内科・内科・リハビリテーション科、回復期医療、総合病院との連携パス発症早期の受け入れ、チーム医療集中リハビリ

お電話でのご予約お問い合わせはこちら 054-275-2755

CLOSE

リハビリテーションの方針

患者様の視点から、リハビリテーションを再構築

静清リハビリテーション病院は、「質の高いリハビリテーション」の実現めざした新プロジェクト「リハブチャレンジ」をスタートさせました。「患者様の視点」からリハビリテーションの考え方や進め方を再構築し、「一日も早い在宅復帰」をめざします。

リハビリを「横」から「縦」へ変える

リハビリを「横」から「縦」へ変える

運動療法に使われているベッド「プラットホーム」は、車椅子から乗り移りやすいうえ、マッサージを受けるような心地よさがあります。しかし、いつまでも「横」になってばかりでは、自立がすすみません。一日も早く、在宅復帰していただくために、できるだけプラットホームを使わず、「縦」になる運動療法を中心したリハビリテーションに取り組みます。

技術の質向上をめざした「リハブノート」

技術の質向上をめざした「リハブノート」

回復期リハビリでは、回復度にあわせて、メニューが異なってきます。
当院は、患者様を正確な測定データに基づいて4つのステージに分け、ステージにあわせた「リハブノート」を作成しています。この「リハブノート」を用い、患者様の回復にあわせたメニューを実施することで、統一した療法方針に基づいた、質の高いリハビリテーションを提供できます。

ステージ 目 標 運動器疾患 脳神経疾患
入 院
ステージ1
機能訓練期
疼痛の緩和
関節可動域の拡大
20日 30日
第2ステージ
活動期
体力の強化
歩行の安定性
40日 60日
第3ステージ
生活期
在宅をイメージした動作獲得
歩行のスピード向上
60日 70日
退院 (最低限、在宅復帰が可能な状態)
第4ステージ
さらなる能力・QOLの向上
以前の動きに限りなく近い状況 90日 100日
退院 (完全に自立した生活が営める状態)

※各ステージと目安となる「日数」を示す

患者様の意欲を高める「見える化」の推進

患者様の意欲を高める「見える化」の推進

当院では、患者様の回復レベルや指導内容を日々患者様と共有できるように、リハビリテーションの「見える化」をすすめています。
患者様にリハビリについて理解していただくことで、回復意欲を高め、積極的にリハビリに取り組んでいただくことが狙いです。これにより、退院後の生活環境への適応もスムーズになります。

[最終更新日]2016.09.30

PCサイトを見る

Copyright© R&O Medical Corporation. All Rights Reserved.