脳神経外科・整形外科・神経内科・内科・リハビリテーション科、回復期医療、総合病院との連携パス発症早期の受け入れ、チーム医療集中リハビリ

お電話でのご予約お問い合わせはこちら 054-275-2755

CLOSE

先進のリハビリ環境

口から食べるサポート 口から食べるサポート

VE(嚥下内視鏡検査)
食品を食べてもらい、鼻の穴から内視鏡を入れて、嚥下の様子や状態を検査します。喉の粘膜や組織の状態も検査できます。
VF(嚥下造影検査)
レントゲンをあてながら、造影剤の入った検査食品を食べていただき、嚥下の流れや器官の動きを検査し、口から食べる機能に異常がないかを調べます。

口から食べるサポート 口から食べるサポート

「口から食べる」サポートチーム

「口から食べる」サポートチーム

当院は、入院患者様の良好な栄養状態を維持し、機能回復力を高めるために、「口から食べる」サポートチームを結成しています。病院長を中心に、管理栄養士・歯科衛生士が協働して、患者様の日々の食事内容、食事形態、食事環境を評価し、トータルかつ幅広い視点から、栄養管理を行っています。

おいしく安全な病院食の提供

長期入院の患者様にとって、食事は「一番の関心事」と言っても過言ではありません。しかし病院食は病状にあわせたものを大量に調理しなくてはならないため、手の込んだ料理の提供は困難です。
「おいしい食」を求める患者様のご要望にお応えするために、R&Oリハビリ病院グループは「R&Oセントラルキッチン(フードカンパニー株式会社)」を設立。「ニュークックチル方式」という新しい調理システムを導入することで、おいしく手の込んだ料理」を大量に安全に調理することが可能になりました。

ニュークックチル方式とは

食の安全性と調理の効率化を同時に実現する、最新の調理システムです。加熱調理した後に、急速冷却しチルド状態にした後、食事の時間にあわせて再加熱することで、「温かい食事は温かく、冷たい食事は冷たいままで」提供することができます。

おいしく安全な病院食の提供

[最終更新日]2016.09.30

PCサイトを見る

Copyright© R&O Medical Corporation. All Rights Reserved.